メガネを掛けたときの目の位置で選ぶ

ラウンド型のメガネを選ぶときには、目の位置に注意して選びましょう。どのようなタイプのラウンド型のメガネでも、黒目の位置がレンズの真ん中に来るものを選ぶと失敗が少ないです。黒目が真ん中に来るとバランス良く見えて、スッキリとした印象になります。洗練されたイメージもプラスされ、一気におしゃれな雰囲気になるのです。目の位置は鼻パッドやレンズのつなぎ目の位置によって変わるので、いくつかのメガネを試して自分に合うものを探すのも大切です。何個か候補を決めて、鏡の前で試してみると自分に似合うラウンド型のメガネが分かってきます。鼻の位置が調整出来るものならスタッフなどに頼んで、目が真ん中に来るように調節して貰いましょう。

自分の輪郭に合わせて選ぶ

ラウンド型のメガネといっても様々な種類があり、その人の輪郭によって似合うメガネが違います。自分の輪郭に合わせてメガネを選べば自然に馴染んでくれて、違和感もありません。丸顔であれば少し角ばったタイプのラウンド型にして、シャープなイメージに近づけます。輪郭がスッキリとして、丸顔の印象が和らぐのです。逆に四角形の輪郭なら、しっかりとしたラウンドのメガネにしましょう。顔の形をカバーして、優しげに見せてくれるのでおすすめです。面長の人は横に長いラウンド型にすると、小顔に見えます。縦に長いタイプのラウンド型は顔の細長さを強調してしまう事があるので、なるべく避けるようにします。逆三角形の輪郭の人は基本的にどのようなタイプのラウンド型のメガネでも似合うので、自分の趣味に合わせて選ぶのも一つの手です。