見た目に大きく影響するフレームのデザイン

オーバル型のメガネを選ぶ際には、フレームの太さに着目しましょう。太いフレームだとメガネの存在感が高まり、顔の印象が大幅に変わります。メガネの中でも定番なオーバル型には、目立つ色や柄のフレームも数多くあります。そういったものを選択すれば、ファッションアイテムとしての活用も可能です。逆に細いフレームだとメガネが目立ちにくくなり、無難な印象となります。そのため、ビジネスや冠婚葬祭など、幅広い場面で着用できます。そして、どのような色にするのかも重要なポイントです。全体的に無難な印象にしたいのであれば、ブラウンや紺など暗い色を選択しても良いでしょう。また、自身の肌のパーソナルカラーを知っておいて、それに合わせたフレームカラーを選択すると、まとまった印象になりやすいです。

自分の顔に合ったサイズを選ぶ

オーバル型のメガネは、自身の顔に合っているサイズを選ぶことも大切です。特に幅が重要で、基本的には顔の端とフレームの端が合うくらいを目安に考えると良いです。幅が狭すぎれば目が離れた印象に、広すぎると寄り目で幼い印象になってしまいます。そのため、目がレンズの中央に来るようなサイズを選びましょう。また、鼻幅が広いとメガネが下がりがちで、狭ければ上の方で固定されてしまうので、鼻に無理なく合うかどうかもしっかりチェックしておきましょう。あらかじめオーバル型のメガネを選ぶと決めていたのであれば、このサイズの基本を押さえておくことで、自分に合ったメガネの候補がいくつか見つかるでしょう。そこから色や細かなデザインで絞り込むと良いです。

眼鏡のフレームにはボストン型やウェリントン型など色々なものがあります。素材も樹脂製や金属製など様々です。